住宅ローンで1500万円借入したら毎月の返済額はいくらになる?

住宅の購入というものは、一般庶民にとっては、長い人生の中でも最大級の高額な買い物になることでしょう。ですから通常は現金一括払いでの購入などできませんので、住宅ローンを組んで購入するのが普通です。たとえば2000万円とか1500万円など、人によって必要な金額の借入を行って購入し、それで後から少しずつ返済してゆくのです。
そんな住宅ローンでの借入ですが、もしも1500万円借入れしたら、毎月の返済金額は一体いくらになるのでしょうか。実はその具体的な返済金額とは、最初に支払う頭金の金額によって大きく違ってきます。少し極端なことを言うと頭金が0円の場合と1000万円の場合とでは、単純計算ですが、その後の毎月の返済金額は3倍のも大きな差が出てしまうのです。
何しろ頭金が0円では、1500万円の借入金の全額を毎月少しずつ返してゆくことになるのです。それに対して頭金1000万円の場合なら、1500万円-1000万円=500万円という計算になり、500万円を少しずつ返済してゆけばよいのです。ですから頭金の金額を多くすればするほど、後に残った返済は楽になるのです。
それゆえに、これから住宅ローンを組もうと計画するかたは、是非、頭金の金額設定には万全を尽くしましょう。基本的に頭金は、多ければ多いほどメリットが大きいと考えられるでしょう。しかし、無理して多く支払ってしまうと、手持ち資金不足というデメリットも生じてしまいます。メリットとデメリット、よく考えて頭金を決めましょう。
借入ランキング!最短で即日借り入れ&無担保・保証人不要はこちら